1100形

上:オリジナル車

下:3扉ロングシート改造車

登場年  :1964年

制御装置 :抵抗制御

起動加速度:3.0km/h/s

減速度常用:3.5km/h/s

減速度非常:4.0km/h/s

最高速度 :100km/h

車両区分 :特急車→一般車

車内設備 :セミボックスシート→ロングシート

編成   :6両(6M0T)3両(3M0T)

車両素材 :普通鋼

車両長  :18.2m

 


 1100形は、城野山観光のための車両として登場。城野本線の米山市~城野山の急勾配に対応している。車内は狭いボックスシートで扉付近のみ2人掛けのロングシートがつく。それまでの城野山直通車の旧性能車をすべて置き換るために多くの車両が作られ、特急だけでなくその他の優等列車にも充当された。

 特急としてのサービス性を向上させた1500形が登場したことにより特急運用からは撤退し、多くの編成は3扉ロングシートに改造され前面には種別表示幕が取り付けられた。3両編成4本は臨時団体用としてオリジナルのまま残された。

 現在は1700形が登場したことにより3扉車は長者ヶ関線運用の3両編成3本を残して引退したが、オリジナルの2扉車は波動用として残されている。